イメージ画像

看護師といえども人間

看護師といえども人間

三人目の子供を出産した病院で少し嫌な思い出があります。

そこは地域でも大きな総合病院で、ここで産めるなら安心と思い、ちょっと遠かったのですが通っていました。 外来の方は特に当たり障りなく普通に看護師さんたちはてきぱきと働いていました。 患者さんに対しても優しかったので、私は安心して出産の日を迎えることができました。 予定日を過ぎても生まれなかったので、先に入院して陣痛促進剤で産ませることになりました。 無事に子供が生まれ、とても安心しました。

次の日からさっそく母子同室で赤ちゃんのお世話が始まりました。

病棟の看護師さんたちは患者さんの前では外来の看護師さんたちと変わらず優しかったのですが、患者さんのいないところでは患者さんの悪口を言っていました。というのも私が授乳室で母乳を絞っているとき、奥の方から私の悪口が聞こえてきたのです。きっと看護師さんたちは誰もいないと思って扉をあけっぱなしにしてしゃべっていたのでしょうが、しっかり聞こえていますよ。

文句を言ってやろうと思いましたが、何も聞こえなかったふりをして看護師さんを呼び出し、母乳を冷蔵庫に入れてもらいました。看護師さんたちは罪悪感を感じたのかその日以来きちんと扉を閉めるようになっていました。

看護師さんたちも人間だしストレスもあって大変だと思います。でもちょっとプロ意識に欠けると思います。そこの病院で出産することはもうないと思いますが、知人にあの病院どう?と聞かれてもおススメはできないと答えてしまいます。

このページの先頭へ