イメージ画像

ベテラン看護師さんと思いきや・・・

ベテラン看護師さんと思いきや・・・

毎月定期的に通っている個人経営の病院に、看護師さんが入りました。今までは、先生と受付の人と薬剤師さんがいるだけで看護師さんはいなかったんです。新しく入った看護師さんは、70歳くらいのおばあちゃんでした。

診察前に、体重と体温と血圧を測ったのですが、少し血圧が高いということで血液検査をすることになりました。診察室に入って看護師さんに採血してもらったのですが、これが大変でした。年齢からベテランの看護師さんだと思っていたので、採血も上手だろうと思っていたら大間違いでした。私は血管が細いらしく、たまに血管に針が入りにくいと言われますが、たいていは上手に採血してもらえます。でも、その看護師さんは一度針を入れてから「血管が逃げちゃった」と、針を刺したまま何度もブスブスと血管に針を入れ直すんです。私は「早く終わって!」と思っていましたが、大人なので我慢していました。

十分ほどかかったでしょうか。ようやく検査に必要な量の血が採れ、採血が終わりました。終わると、痛みと緊張からか貧血で気分が悪くなり、横にならせてもらいました。すると、その看護師さんが「私も看護学校時代の採血の練習で、相手の人がなかなか採血してくれなくてね~。貧血になったことがあるのよ~」と言うではありませんか。「あなたのせいですけど!っていうか、看護学校時代って何十年前の話だよ!」とつっこみを入れたかったけど、言えませんでした。

採血後の腕には内出血の大きなあざができていました。血液検査の結果は異常なしで良かったのですが、もう二度とあの看護婦さんに採血してもらいたくありません。

このページの先頭へ