イメージ画像

看護師さんで好きなタイプ

看護師さんで好きなタイプ

病院に行って看護師さんを見ると、看護師さんにもいろいろなタイプの人がいるんだなといつも思います。

患者さんとあまり私語をしないでてきぱき仕事をする人、患者さんがリラックスできるように患者さんの情報を引き出して会話をしながら仕事をする人、仕事の動きに無駄がなく堂に入っている人、いつもバタバタせわしない人など、本当にそれぞれです。

私が救われる看護師さんのタイプは、私語をしてくれる人です。

気が人一倍小さい私は、検査を待つ間の時間や結果を待つ時間がとても長く思えてつらいのです。

そんな時、看護師さんに話しかけてもらうと緊張が少し和らぎます。

実際には、看護師さんが話す内容が緊張のためあまり耳に入ってこなく、質問に対する答えも心ここにあらずな感じでしかできなかったとしても、それでも救われているのです。

会話をせずとも、気にかけてますよという姿勢がこちらに伝わる看護師さんにも安心できます。

仕事が忙しいことはこちらもわかっていますし、その忙しい仕事は私のためにしてくれていることですから。

それでもちらっとこっちを見て微笑んでもらうと、嬉しい気持ちになります。

どこがお悪いのですかと質問されても、相手が看護師さんなので気を許して打ち明けることができますし、時には愚痴ったりもできます。

事務的に無言で仕事をする看護師さんにあたると、あぁ今日はだめだ、自分でしっかりしなくちゃと自分自身を奮い立たせることができるので、まぁほんのたまにはそんな看護師さんでもいいですが。

しかし、やはり看護師さんはあたたかくて優しい人が好きです。

このページの先頭へ